コアラマットレスの通気性は?熱や湿気がこもって蒸れないのは何故?

この記事はプロモーションを含みます

コアラマットレス

コアラマットレスはウレタン製のマットレスです。

「ウレタン」というと、スプリングのマットレスに比べて、密度が高くて通気性が悪いイメージがありませんか?

なんとなく、そんなイメージがあったので、コアラマットレスの通気性について実際どうなのか調べてみました。

結論、コアラマットレスは蒸し暑い日本の夏でも快適に過ごせるように独自開発された技術と設計で、通気性が高いマットレスになっているということがわかりました。

マットレス内に、空気の通り道が作られていて、湿気や熱がこもりにくくなっています。

ウレタンのマットレスといっても、コアラマットレスはウレタンの良さを生かし、デメリットをカバーしたマットレスです。

\期間限定の情報/
5月18日20時から数量限定で「BASIC MK-5」が販売されます。
通常のコアラマットレスと寝心地は同じにも関わらず、価格が49,900円〜(税込)と、かなりお得な商品となっています。(セール時より安い!)
コアラマットレスをお得に手に入れたい方は、数量限定(700台)なのでお早めに。
期間限定商品「BASIC MK-5」を購入する


\120日間返品保証で安心/


コアラマットレスは通気性について考えられている

コアラマットレスは通気性について考えられています。

コアラマットレスはウレタンマットレスに該当し、一般的にウレタン性のマットレスは通気性が悪く、カビが発生しやすい高温多湿の日本の夏には合わないといわれています。

ここでは、その通気性を実現しているコアラマットレスの技術と構造、一般的なウレタンマットレスとの違いを説明していきます。

独自開発のクラウドセル

コアラマットレス公式ブログより引用

コアラマットレスは独自開発の「クラウドセル」を使用しています。

「クラウドセル」は小さな気泡を発生させる構造になっているため、通気性の高い素材です。クラウドセルは体が触れる上層に使用されているので、ウレタンマットレスでありながら、コアラマットレスは通気性の高さを実現しています。

無数に存在する「通気穴」

コアラマットレス公式ブログより引用

通気性に関する仕組みがもう1つあります。それが、マットレスに無数に存在する通気穴です。健康な大人は、季節を問わずコップ1杯程度の寝汗をかくといわれています。

その水分はこの通気穴を通ってマットレスの外へ逃がされています。この通気穴のおかげで、湿気と熱がこもらず、カビも発生しにくくなっています。

テンセル™リヨセル繊維

コアラマットレス公式ブログより引用

コアラマットレスの一部商品の表面はテンセル™リヨセル繊維を用いて、作られています。テンセル™リヨセル繊維は、優れた吸放湿性を持っており、マットレスの通気性を向上させます。

一般的なウレタンマットレスとの違い

一般的なウレタンマットレスは、湿気や熱がこもりやすく、しかも、耐久性が低いのが欠点です。それに対して、コアラマットレスは使用している素材クラウドセルのおかげで、湿気や熱をマットレスの外に逃します。

そのため、夏でも湿気や熱がこもらず、不快感を感じることがありません。しかも、クラウドセルは耐久性もあり、コアラマットレスは10年の保証もついています。

\120日間返品保証で安心/


商品によって通気性の高さは変わらない

コアラマットレスは商品によって、通気性の高さは変わりません。ここではコアラマットレスの通気性についてさらに深堀します。

マットレス内の通気性を高める設計はどれも同じ

基本的にコアラマットレス内の通気性を高める設計はどの製品も変わりません。全ての製品で独自素材のクラウドセルが使用されており、マットレス内にある無数の気泡がこもった湿気や熱を、外に逃がします。

商品別の表面素材による違い

コアラマットレス内の通気性を高める設計はどの製品も変わりませんが、商品によって表面素材が異なります。ここでは、商品別の表面素材の違いを説明していきます。

オリジナルコアラマットレスとNew コアラマットレスは「肌にやさしく、心地よい肌触り」

オリジナルコアラマットレスとNew コアラマットレスの表面は、「肌にやさしく心地よい肌触り」です。これは、表面にテンセル™リヨセル繊維を使用しているためです。

テンセル™リヨセル繊維は吸放湿性が高く、マットレス内にたまった湿気を吸い取り、放出します。テンセル™リヨセル繊維の優れた特性により、オリジナルコアラマットレスとNew コアラマットレスの心地よい肌触りを実現しています。

\最大20%OFFのセール開催中/


New コアラマットレス BREEZEは「生地の乾燥速度が高い」

NewコアラマットレスBREEZE(ブリーズ)

New コアラマットレス BREEZEにはCOOLMAX®︎技術が採用されているため、「生地の乾燥速度が高い」表面をしています。

表面に使用されている素材は、COOLMAX®︎繊維で、持続性の高い吸湿発散技術を持っています。

この繊維のおかげで、暑い夏でも睡眠中、涼しく乾燥した状態が持続されます。

\最大20%OFFのセール開催中/



New コアラマットレス BAMBOOは「温度が高い時に熱を吸収し、低い時に蓄えた熱を放散」

New コアラマットレス BAMBOOの上部レイヤーには「湿度が高い時に熱を吸収し、低い時に備えた熱を放散」するSensapole®技術が採用されています。

2cmのキルティングカバーと9cmのコンフォート層が、湿度が高い時に熱を溜め込み、湿度が低い時に溜め込んだ熱を放出します。

そのため、常に睡眠の適正な温度に保持され、蒸れることなく快眠できるでしょう。

BAMBOOを見てみる

まとめ

今回は、コアラマットレスの通気性について調べてみました。

コアラマットレスは、ウレタン性のマットレスですが、独自開発素材のクラウドセルを使用することにより高い通気性を実現しています。そのため、日本の蒸し暑い夏でも、湿気や熱がこもらない構造になっており、快眠できます。

また、表面素材にもコアラマットレスならではの心地よく睡眠できる工夫があり、マットレスの心地よい肌触りを実現しています。

通気性に関して、構造的にしっかり対策がされているコアラマットレスですが、商品を実際に試さないと、不安だという方もいらっしゃるかもしれません。その点、コアラマットレスは「120日間トライアル」という制度があり、自宅で120日間使用できます。

この記事を読んで、コアラマットレスが気になった方は、「120日間トライアル」の制度を利用しコアラマットレスで寝てみてください。コアラマットレスの通気性の良さを体感できるはずですよ。