コアラマットレス、一人暮らしでセミダブルサイズ。部屋が狭くならないか検証

この記事はプロモーションを含みます

コアラマットレス

一人暮らしでコアラマットレスに買い換えるとき、セミダブルにしたいけど部屋が狭くなるかもと思っていませんか?

部屋にセミダブルを置いても、シングルとの差は感じませんよ。

実は、幅の差はたった23cm(足のサイズより小さいくらいです)

少し大きいだけなのに、セミダブルの方が断然ゆったり感があるので、睡眠の質を爆上すること間違いなしです!

疲れがたまらない毎日を手に入れてください。

\期間限定の情報/
5月18日20時から数量限定で「BASIC MK-5」が販売されます。
通常のコアラマットレスと寝心地は同じにも関わらず、価格が49,900円〜(税込)と、かなりお得な商品となっています。(セール時より安い!)
コアラマットレスをお得に手に入れたい方は、数量限定(700台)なのでお早めに。
期間限定商品「BASIC MK-5」を購入する

公式サイトでコアラマットレスのセミダブルを購入する

睡眠の質で選ぶなら断然セミダブル

私自身、子供の頃からシングルで寝ていた流れもあって、「一人で寝るならシングル一択」というイメージが染み付いていたのですが、寝心地を考えるとシングルがベストではないです。

もちろん一人ならシングルでも十分寝れる幅はありますが、寝返りしてもゆったり余裕をもって寝ることを考えるとセミダブルがおすすめです。

社会人になって一人暮らしとなると、ほとんど自宅に帰ったら寝るのがメインになります。

部屋でまったり過ごす時もベッドの上からテレビを観たり、スマホを触ったり、というパターンが多いです。

そうなったとき日頃の疲れをしっかり癒すことを考えたら断然セミダブルです。

ぐっすり眠れる環境を作ることは、毎日をパフォーマンス高く過ごせることに繋がります。

公式サイトでコアラマットレスを購入する

部屋の広さを想定した場合

睡眠環境を考えたらセミダブルですが、一人暮らしには部屋の広さもそれぞれ。

都会に住んでいると、部屋自体にそんなゆとりがない場合もあります。

一般的な一人暮らしの部屋サイズにコアラマットレスを置いた場合をシミュレーションしてみます。

6畳の部屋にマットレスを置いた場合

まずは一人暮らしでも比較的ミニマムのお部屋、6畳にセミダブルを置いたイメージを見ていきます。

6畳にセミダブルを置いたとしても、部屋の半分以上は生活スペースとして確保できます。

ベットをソファ代わりにすれば、あとはテレビやテーブルを置くだけなので快適に過ごせます。

7畳の部屋にマットレスを置いた場合

続いて、一人暮らしで一番多いとされる7畳のお部屋で見ていきます。

6畳よりも少し広い7畳は、よりゆとりがあります。

生活スペースにもゆとりを持つことができます。

8畳の部屋にマットレスを置いた場合

8畳の部屋であれば、かなりゆとりがあります。

ソファや他の家具も置けるほどのスペースがあります。

まとめ

今回は、一人暮らしでセミダブルを買った場合、部屋が狭くならないか検証しました。

シングルとセミダブルの幅の差はたった23cmです。

寝心地のゆったり感は違いますが、部屋全体でとらえると、そこまで狭くなるほどの差ではありません。

社会人になると、家はゆっくりしたり疲れを癒すのがメインになります。

日頃の疲れをしっかりと癒してくれる睡眠環境があることで、毎日のパフォーマンスが上がります。

ぜひコアラマットレスで最高の睡眠を手に入れてくださいね。

公式サイトでコアラマットレスを購入する