返品トラブル回避!コアラマットレスの返品で注意すべき5つのポイント

この記事はプロモーションを含みます

コアラマットレス

コアラマットレスは120日間の返品保証があります。

とても魅力的なサービスですが、どんな状態でも返品に応じてくれるわけではないです。

「返品したいのに、返品できない」

これは一番避けたい状態です。

こうならない為に、返品できない場合はどんな場合かを調べてみました。

結論、下記の場合は返品拒否をされる可能性が高いです。

・マットレスにキズや汚れがついている。

・自己都合による返品

・サイズ変更や商品変更による返品

・返品の権利を濫用していると判断された場合

上記のような場合は返品できないというトラブルになるので、そうならないために、下記に注意して購入しましょう。

・マットレス購入後は、キズや汚れが付かないよう保護カバーをつけて使用する。

・もし返品する場合は品質に関しての相違を理由にする。

・別サイズや別商品に変えたい場合は一旦返品してから購入しなおす。

・返品の権利濫用とみなされないよう、事前に商品を吟味した上で購入する

返品トラブルも事前に注意事項を押さえておけば、安心に商品を試すことができます。

基本的に、一般的な使い方を守っていたら、ほとんどの場合は返品可能だと思います。

\期間限定の情報/
5月18日20時から数量限定で「BASIC MK-5」が販売されます。
通常のコアラマットレスと寝心地は同じにも関わらず、価格が49,900円〜(税込)と、かなりお得な商品となっています。(セール時より安い!)
コアラマットレスをお得に手に入れたい方は、数量限定(700台)なのでお早めに。
期間限定商品「BASIC MK-5」を購入する

\120日間返品保証で安心/


返品トラブルになるケース

では実際に、コアラマットレスの返品に関してトラブルになるケースを5つ紹介します。

返品を考えるときには、これらの条件に当てはまらないようにしましょう。

マットレスにキズや汚れがついている。

120日間の無料お試し期間で実際に使っている中で、どうしても汚れてしまうことはあるでしょう。

そのため、常識の範囲内でのキズや汚れを理由に返品を拒否されることはありません。

ただし「汚れてしまったから」と返品を依頼することは不可能です。

基本的に返品は「品質に関する理由」でのみ受け付けているため、汚れに関しては自分の都合だと判断されます。

ちなみに、返品したコアラマットレスは廃棄やリサイクル処理、または寄付されるため、そのままの状態で別の購入者にわたることはありません。

ですが、度を越えたキズや汚れと判断されるような場合は返品を受け付けてもらえない可能性はあるので注意しましょう。

自己都合による返品

先ほどのキズや汚れでも触れましたが、コアラマットレスの品質によらない「自己都合による返品」と判断されると、返品を受け付けてもらえません。

具体的には

  • マットレスの色が思っていたのと違った
  • 寝室の風合いとマットレスがミスマッチだった
  • サイズが元々持っているベッドフレームと合わなかった
  • 注文するサイズを間違えた
  • 汚れてしまった、破損してしまった
  • 寝タバコで焦げた、穴があいた

といった内容です。

なぜコアラマットレスが120日間のお試し期間と返品保証制度を設けているのか?それは、コアラマットレスの品質をじっくりと確かめてもらうためです。

そのため、品質に関係のない理由での返品は難しいと考えておきましょう。

サイズ変更や商品変更による返品

サイズが思っていたのと違っていた、ほかの商品の方が良かった。

こういった理由は自己都合とみなされるので要注意です。

繰り返しになりますが、品質に関係ない理由では返品が難しくなります。事前にきちんと商品内容やサイズを確認してから購入しましょう。

ちなみにですが、返品回収は玄関先というのがルールです。購入した際は圧縮されているので余裕で玄関や寝室のドアを通れたとしても、いざ返品したいとなって玄関まで持っていこうにも寝室の扉より大きくて出せない場合、返品できません。

部屋の扉や廊下の寸法などはしっかり確認してから購入してください。

回収予定日を守れなかった場合は追加料金が発生

あらかじめ決めていた回収予定日を当日キャンセルしたり、回収予定時間に不在の場合はキャンセル手数料として10,000円がかかります。

また、決定した回収予定日時の変更についても、変更手数料として3,000円かかるので要注意です。

返品の権利を濫用していると判断された場合

120日間お試しというコアラマットレスの制度を悪用している、と判断されれば返品できない場合があります。

  • 複数回コアラマットレスを購入し、返品した経歴がある
  • 大量にコアラマットレスを買い込み、その全て(または複数)を返品しようとしている
  • あきらかな撮影目的等の為の購入と返品。(断面がわかるように切断されているなど)

このような状況だと、返品の権利を濫用していると言われても仕方ありませんね。

本当にユーザーのことを考えて設けられた制度ですから、私たちユーザー側がそれに甘えるのではなく、きちんと想いにこたえようとする姿勢が大切です。

\120日間返品保証で安心/


コアラマットレスの返品できるように押さえるべきポイント

変な言い方になりますが、コアラマットレスを返品したいと思ったときに「堂々と」返品できるように、抑えておくべきポイントを挙げておきます。

キズや汚れが付かないよう保護カバーをつける。

常識的なキズや汚れであれば返品は受け付けてもらえます。しかし、120日間のお試し期間中に何が起こるかわかりません。

そこで万が一の大きなキズや汚れを防ぐために、普段から保護カバーをつけておくことをおすすめします。こうすれば、汚れなどを気にしなくて良いし、自分自身もキレイに気持ちよくコアラマットレスを使えるので一石二鳥です。

返品する場合は品質に関しての相違を理由にする。

返品を申し込んだ際のアンケートで、返品理由を聞かれます。その際にはマットレスが硬すぎたor柔らかすぎたなど、コアラマットレスの品質が自分に合わなかったことを理由にしましょう。

正しく使っていたけど、睡眠環境が良くならなかったという正当な理由ならば何も問題ありません。

別サイズや別商品に変えたい場合は一旦返品してから購入しなおす。

事前にきちんと商品の特徴やサイズを確認したうえで、それでも他のサイズや商品に変更したいというのであれば、一旦返品したうえで改めて購入しなおすようにしましょう。

なお、一度返品した場合でも、コアラマットレスシリーズの購入は可能です。

回収予定日は必ず守る

仕事や家庭の事情はあるとは思いますが、一度決定した回収予定日や時刻は必ず守りましょう。

余計な手数料がかかるだけでなく、回収業者にも迷惑がかかってしまいます。

返品の権利濫用とみなされないよう、事前に商品を吟味した上で購入する

サイズや色合いが思っていたのと違っていた、といった「事前にしっかり調べておけば防げたはず」の事態が起きないようにしましょう。やむを得ず返品することになったとしても、返品の権利濫用と判断されれば取り返しがつかないからです。

設置予定のスペース幅はもちろん、寝室の扉や廊下の幅、万が一の返品も踏まえて玄関の幅までしっかりチェックしておきましょう。

まとめ

何度か述べてきたように、コアラマットレスは120日間の返品保証があります。

これは「お客様にコアラマットレスの品質をじっくり試してほしい」という願いから生まれました。

品質の高さだけにこだわるのではなく、顧客の気持ちによりそう優れたシステムです。しかし、この意図を理解せずに自分都合な理由で返品しようとする方がいるのも事実。

事前にしっかり調べたうえで、購入するようにしましょう。

コアラマットレスでは、最低でも14日間は毎日使ってほしいというメッセージを出しています。

現代社会で、知らず知らずのうちに悪い姿勢がクセになってしまった現代人。そんな状況では、どんなに優れたマットレスでも一日二日で劇的な改善は見込めません。

毎日使うことで、じっくり姿勢を矯正していき、ぐっすり眠れるようになります。コアラマットレスは、理想の寝姿勢に矯正してくれるので、使い始めは目覚めたときに体が痛むケースも珍しくないのです。

すぐにコアラマットレスが合っていないんだと判断するのではなく、120日間の保証期間を有効活用して理想の寝姿勢を手に入れましょう。

そうすることで、日々の生活のパフォーマンスも上がります。

上記のような場合は返品できないというトラブルになるので、そうならないために、下記に注意して購入しましょう。

人生の1/3を過ごす睡眠環境を整えることで、あなたの生活の快適度はグンとアップします。

ぐっすり眠れるためだけではなく、これからの人生を快適に過ごすためのアイテムとして、コアラマットレスは非常に優れています。

気になる方は、ぜひ公式サイトをご覧ください。

\120日間返品保証で安心/